“英吉利”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
イギリス94.8%
いぎりす2.2%
ギイリス1.5%
えぎりす0.7%
えげれす0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
独逸屹度最後の独逸人となるまで戦ふだらう、露西亜人もまた最後の露西亜人となるまで戦ふだらうが、唯英吉利人は——さうさ
英吉利のフロックの、青年紳士の散歩者のやうに、いかにも軽快な歩調で、かるく飛ぶやうに、幾分しめつた朝の路上の明るさを、気軽るに歩るき廻つてゐる姿はよい。
あめりか人の・英吉利人の・仏蘭西人の・希臘人の・日本人の、好奇なウィンタスポウツ旅客団の襲来によって——これは、近代の恋愛に特有な、週期的な雪解けの微風である。
踊る地平線:11 白い謝肉祭 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
英吉利の兵営なるかかたはらに軍馬調練せるところあり
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
鹿児島の英吉利騒動につらなって藩の武器買入れのため、御用金をたんとお預りになっていらっしゃるので、ついこの裏のお金蔵には、黄金が夜鳴きしているそうでございます
顎十郎捕物帳:16 菊香水 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)