“仏蘭西”のいろいろな読み方と例文
旧字:佛蘭西
読み方割合
フランス96.6%
ふらんす3.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最近のフランス映画でも「沐浴」の如きは、陸軍将校の私生活を極度にだらしなく描いて、仏蘭西軍隊はさんざんのやうに見えるが
日本映画の水準について (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
彼は仏蘭西へ渡るとき、彰子のその優雅な指を飾るために、極めて立派な芸術的な指環を買って帰ることを彼女に約束したのだった。
指と指環 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
同じメリケン粉でも伊太利仏蘭西の南部の方から出るのは気候風土が日本に似ているか大層粘着力が多くって饂飩には極く上等です。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
わざ/\仏蘭西にゐる義妹に注文して、六づかしい名のつく、頗る高価な織物を取寄せて、それを四五人でつて、帯に仕立てゝて見たりかする。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)