“フランス”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:ふらんす
語句割合
仏蘭西92.6%
佛蘭西4.0%
0.6%
法朗西0.6%
払朗察0.3%
仏国0.3%
仏蘭0.3%
佛朗西0.3%
佛蘭士0.3%
0.3%
法国0.3%
法蘭西0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は仏蘭西へ渡るとき、彰子のその優雅な指を飾るために、極めて立派な芸術的な指環を買って帰ることを彼女に約束したのだった。
指と指環 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
蟋蟀が鳴く夏の青空のもと、神、佛蘭西に星のをそそぐ。風は脣に夏のを傳ふ。銀砂子ひかり凉しき空の爲、われは盃をあげむとす。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
八、南米行 客船は港より出て、風も雨も夏の深まりを知る。の海で涼気を初めて覚え、の首都では暑熱はなお強かった。
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
長崎画英吉利人、法朗西人、露西亜、(驚きし如く)おお! おお!
長崎小品 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
寛政のに当りて、払朗察国にポナパルテなる者あり、国乱を払い鎮めて自立して王たり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
神徳に依頼する和蘭王兼阿郎月払朗察国の地名)納騒独逸国都の地名)のプリンス(爵名)、魯吉瑟謨勃児孤和蘭国の地名)のコロートヘルトフ(爵名)微爾列謨第二世
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
日記は日本語と仏国語と半々位に書かれてあった。夫人を失った悲しみが胸を打つらしく、至る処に悲痛な歎きが見出される。ある時は夫人の後を追うて、死を切望するらしい文字もあった。
情鬼 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
「アフリカの砂漠にその記録を落しておいて、仏蘭人が拾って」焼いて見ても立派な結晶焼が出来るはずですというのだ。
九谷焼 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
かの佛朗西人それがしが如く、高等靜論の算法によりて古人が不用意にして靜性の極處に至れるを看破してこそ、その美なる所以を知るべきなれ。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
土耳古使佛蘭士使武官以下西人の住宅非常に多い外になかなか色のある人を持つてゐる。
胸をわくわくさせながら俺は、丸万から聞いた租界の砂馬の家へと急いだ。俺の胸がわくわくんでいたのは、あれはなぜか。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
(光緒己丑三月、英倫の務めを終えて東へ帰る、法国馬賽口より船に乗る、日本井上甫水兄に遇う。また欧州より東へ帰る者である。舟帆(篷は舟の苫)をかたわらに筆談す。
欧米各国 政教日記 (新字新仮名) / 井上円了(著)
(注。モンテ、ピンチヨオには公園あり。西班牙法蘭西大學院よりポルタ、デル、ポヽロに至る。羅馬の市の過半とヰルラ、ボルゲエゼの内苑とはこゝより見ゆ。)