下手の横好きへたのよこずき―将棋いろいろ――しょうぎいろいろ―
=1=町内の好敵手 住み馴れてやがて三十年、今では僕も町内一二の古顏になつてしまつたが、麻布區新龍土町といふと、うしろに歩兵第三聯隊のモダアン兵營を控えた戸數六七十の一區劃だが、ロオマ法王使節館、土耳 …
作品に特徴的な語句
始末しまつ 土耳古トルコ さか のこ 蹴落けおと にな 勉強べんけう あらた しき だん くは ぢん 問題もんだい 博士はくし したが わけ すう せい 非常ひぜう とく りう たい さつ 紹介せうかい 尊敬そんけい しづ しゆく 憤然ふんぜん けん あつ ろん へん けつ けい おだや ぞう 將棋せうき あらそ はら ぐわ いき 感傷的かんせうてき 琢磨たくま たの いん せん せん 勝負せうふ 愛敬あいけい えい 衰頽すいたい 盤面ばんめん 寢床ねとこ 僕達ぼくたち 微苦笑びくせう れう へう 推移すいい 住宅じうたく そう 考慮こうりよ いん 悲運ひうん しやく 腦裡のうり よう 斷然だんぜん 觀念くわんねん 尖鋭化せんえいくわ 悲壯ひそう 幸運こううん 功勞こうろう 堂堂どうどう 妙策めうさく 慰樂いらく じゆん