“擔”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
かつ83.3%
にな9.1%
3.0%
かつい1.5%
かつが1.5%
かつぎ1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いで遺跡さぐりにき、貝塚だらけにつてり、掘出したる土器破片背負ひ、うしてつて井戸端ふ。
もジリリと心にかぶさつてくる生問題の重を一方にひながら、ろより悲壯ひをつてゐると見られぬ事はない。
ほんの苗木ぢやつたが、此ほどの森になつたものな。かつたぞよ。此墓のみが、河内安宿部から石ちに來て居た男に、憑いた時はなう。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
包み與ふるほどに六個の者は管伴を經て禮を演べ早用なしと忠兵衞がるにれも釣臺をで本町へと歸りける跡に忠兵衞懷中より金子二百兩取出し此方のみに縁談
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
取る事出來ずと云ふをより一人が往手の道に立ちなら否で宜事なりれるは少しもなし何でも荷物をせてはにや成らぬとゆすり半分喧嘩仕懸に傳吉は何とか此場を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
させ金者相針はいくらににして何程といふ相場を一々手覺えに書留させて歸りしが夫より長八夫婦は店住ひとなり翌日より紙屑
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)