“にな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ニナ
語句割合
53.2%
38.9%
2.3%
荷担1.9%
1.1%
擔荷0.4%
0.4%
0.4%
荷菜0.4%
荷負0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
己の光栄だろうか。己はその光栄をってどうする。それがなんになる。己の感情は己の感情である。己の思想も己の思想である。
余興 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
鍛冶屋のお爺さんはいよいよ慌てて、お金を払って荷物をって出てゆこうとしました。その袖を店の主人はしっかりと捕えまして
豚吉とヒョロ子 (新字新仮名) / 夢野久作三鳥山人(著)
數多の人にりて、君の御覺殊にたく、一族のを雙の肩にうて、家には其子を杖なる年老いたる親御もありと聞く。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
と、小屋のうしろから、二つの水桶を荷担って、河原のほうへ立去ってゆくのを、介三郎と石権は、いま気がついたように振向いて見ていた。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
加賀大野根生歩行いたは、川口むらさへあれば、行々子てた、れば、さら/\とずれの、あしのもとに、幾十羽ともない
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
野町野田寺町地黄煎口鶴來往來より、野菜擔荷ひて百姓八百物市前後疾走相望みて、氣競懸聲ましく、御物見下ること、絡繹としてるがし。
鉄槌の音 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
東京には、かういふ娘がひとりで蹣跚の気持ちをひつつ慰み歩く場所はさう多くなかつた。大川端にはアーク燈がめき、涼み客の往来は絶ゆる間もない。
蝙蝠 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
こどもを山にかずける度びに翁の腹にできたはらわたの捻纏は、だんだん溜って翁の腹をの貝の形に張り膨らめた。それに腹の皮を引攣られ翁はいつも胸から上をえびのようにめて歩いた。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
次ぎに掲げるのは日高国沙流郡平取村荷菜平目カレピア婆さんが久保寺逸彦氏に伝えたもので、訳文も同氏の手になる。
訶和郎は垂れ下ったまま蜜柑の枝に足を突っ張って、遠くへ荷負われてゆく卑弥呼の姿をんでいた。兵士たちの松明は、谷間から煙のように流れて来た夜霧の中を揺れていった。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
それと共に翳もしだいに大きくなって、数日の後には厚くなって銭のようになり、右の睛にはの殻のような渦まきが出来ていた。
瞳人語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
だが——一党四十幾名の生命をって、薄氷を踏んでいるのだ。亀裂を見たら、もう全部の潰滅である。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)