滝口入道たきぐちにゅうどう
やがて來む壽永の秋の哀れ、治承の春の樂みに知る由もなく、六歳の後に昔の夢を辿りて、直衣の袖を絞りし人々には、今宵の歡曾も中々に忘られぬ思寢の涙なるべし。 驕る平家を盛りの櫻に比べてか、散りての後の哀れ …
作品に特徴的な語句
修羅しゆら 公達きんだち 采配さいはい そゝ 螺鈿らでん 一期いちご 夜寒よさむ 木蔭こかげ 千切ちぎ 諸共もろとも 度毎たびごと いた 浮世うきよ すぎ 血汐ちしほ 平家へいけ らふ 手柄てがら 本意ほい 三度みたび 手足てあし 唐草からくさ 香華かうげ 筑波つくば 有耶無耶ありやなしや 嫡子ちやくし 白湯さゆ 中宮ちゆうぐう 宛名あてな 端書はしがき 衣桁いかう 優男やさをとこ はた 討死うちじに 物憂ものう 逆立さかだ 落人おちうど にな 一棟ひとむね 仁王にわう 直垂ひたゝれ 空蝉うつせみ 雨露うろ 名告なの 夢現ゆめうつゝ 月日つきひ 猶更なほさ 草木くさき 三年みとせ 今生こんじやう 入相いりあひ 海棠かいだう たの 忍辱にんにく 夕日ゆふひ 屈竟くつきやう のき 前代未聞ぜんだいみもん 夜陰やいん かつら しとね 解脱げだつ 逆手さかて 魅入みい 幾年いくとせ 御手おんて あらか 濶達くわつたつ 矍鑠くわくしやく もだ 後姿うしろすがた やく 太息といき 折柄をりから 墨染すみぞめ しだ 片言かたごと 蹴散けちら いなづま 伺候しこう 後影うしろかげ 水干すゐかん 涅槃ねはん 生甲斐いきがひ 詩歌しいか 錫杖しやくぢやう 御身おんみ 入日いりひ 匹夫ひつぷ 卒塔婆そとば 手枕たまくら 蒼味あをみ げき 岩角いはかど せがれ 等閑なほざり いたゞき 殊勝しゆしよう 此上こよ