滝口入道たきぐちにゅうどう
やがて來む壽永の秋の哀れ、治承の春の樂みに知る由もなく、六歳の後に昔の夢を辿りて、直衣の袖を絞りし人々には、今宵の歡曾も中々に忘られぬ思寢の涙なるべし。 驕る平家を盛りの櫻に比べてか、散りての後の哀れは思はず、入道相國が花見の宴とて、六十餘 …
作品に特徴的な語句
なか をさなき しとやか おそれ そち やうや とほざか わらんべ きつ やぶ からう ひた まじはり はて かたは おこなひ とこしな しらべ たゞ そなた 退まか はて さゝ そばだ まねか かう 老父われ かへ をはり うは 容姿すがたかたち かね すま はづか 可愛いとし あだ 狼狽あわたゞ 蒼白あを そば 出入いでい ふたゝ 性質こゝろ いはれ だつ 左右とかう ひやゝ しの とう うづも くわ ぎやう いぶかし うとん そら おとづ はて 慣習ならひ 可愛いと かほ 御在おは こゝろ いう くま 風評ふうひやう あだ おのづ ゆかり よそ まさ あまた 御許おゆるし ひま 老婆ばゞ 女子むすめ きやう 躊躇たゆた かは 蜻蛉かげろふ しゆう すきま きよく みぐし がう はづか みまも には