“慣習”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くわんしふ21.4%
ならい21.4%
しきたり14.3%
ならわし14.3%
かんしゅう7.1%
くわんれい7.1%
ならはし7.1%
ならひ7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本人固有風習てゝ外國慣習にならうは如何にも外國して柔順過ぎるといふ怪訝さしむるにぎぬとふ。
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
それを発見したのは、北隣りの大工の女房のお初で、亭主は仕事からまだ帰って来なかったが、いつもの慣習で彼女は格子に錠をおろして近所まで用達に行った。南隣りは当時空家であった。
半七捕物帳:12 猫騒動 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
それでも、永年の慣習というものは恐ろしいもので、かえって御当人達には、人に接するのを嫌う——いわば厭人とでも云うような傾向が強くなってまいりました。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
昔はここらの村では婚約の儀式にそんな指環を取り交すのが慣習になっていましたが、まあ、そんなふうな指環であったのでしょう。
田植の日にお昼を田のへりで食べるという慣習の、昔からあったという証拠は、もうならべる必要もないほど多いのである。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
餘談るがじて歐米慣習日本慣習とが正反對である實例い。
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
これをるゝをえざるべく、に分けてこれをらばその人疲れむ、してかゝる贈物本國慣習ふなるべし —六〇
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
時頼、さては其方が眼にも世は盛りと見えつるよな。盛りに見ゆればこそ、衰へん末の事の一入深く思ひらるゝなれ。弓矢の上に天下を與奪するは武門の慣習
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)