母の手毬歌ははのてまりうた
この書を外国に在る人々に呈す 皆さんは村に入って、うちに静かに暮らしているような時間は無くなったけれども、その代りには今までまるで知らずにいた色々の珍らしいことを、見たり聞いたりする場合は多くなってき …
作品に特徴的な語句
神田かんだ 手桶ておけ 美濃みの 薩摩さつま 手柄てがら 越後えちご 駿河するが ひえ 囲炉裏いろり もも 出雲いずも 御褒美ごほうび あん あま 伊豆いず 御輿みこし 飛白かすり 撞木しゅもく しば 小豆あずき 井戸いど 藁葺わらぶ 反物たんもの すぎ 樹蔭こかげ もみ 家来けらい わく 我邦わがくに 武蔵野むさしの 睡気ねむけ 筑波つくば 縁日えんにち 効目ききめ 八百屋やおや 栄螺さざえ 立退たちの なし かめ 建物たてもの 天秤棒てんびんぼう 将棋しょうぎ 日盛ひざか 砂利じゃり 伯耆ほうき 年寄としよ 破風はふ 賞翫しょうがん 大工だいく 宝物たからもの 尾張おわり まく 棟木むなぎ 経文きょうもん 月日つきひ 貝殻かいがら 悠長ゆうちょう 四隅よすみ 存外ぞんがい 家作かさく 昼間ひるま 奉公ほうこう 町家ちょうか 持前もちまえ しおり 鎌倉かまくら ささ 熊野くまの びょう 大木たいぼく 三河みかわ 武蔵むさし 昆布こんぶ 屑屋くずや 佐渡さど 膳立ぜんだ 紺屋こうや かや ぬま 朝飯あさめし はだか 真綿まわた 綿わた 軒先のきさき 雑人ぞうにん 山間さんかん 桶屋おけや 田舎家いなかや 場末ばすえ 御寺おてら 他処よそ 処々ところどころ つか ひろ 持出もちだ 粘土ねんど むく 氏子うじこ 水垢離みずごり