母の手毬歌ははのてまりうた
この書を外国に在る人々に呈す 皆さんは村に入って、うちに静かに暮らしているような時間は無くなったけれども、その代りには今までまるで知らずにいた色々の珍らしいことを、見たり聞いたりする場合は多くなってきた。村には前々からの生活ぶりをよく覚えて …
作品に特徴的な語句
ひら きのえ ごえ じき 殿てん 祝詞のっと しょう ざん ゆい しょ しょく いい さか たく ごめ 慣習かんしゅう ぞう 心掛こころが こうむ おおや じつ ぎょう 諸人しょじん るい しら ゆう ふき 谷川たにかわ かつら 十徳じゆっとく 千度せんたび 牛馬ぎゅうば 千束せんたば きた 布切ぬのぎ 常日つねひ 御衣おころも しゅ そう 祖父そふ 祖母そぼ 上下じょうげ 願掛がんか 表皮おもてかわ こお おっと てい 雌雄めお 七曲ななわた 旗下はたおろ 甘味あまみ おん 重詰じゅうづ さる 家並やな 前後まえうしろ きょう かご 大原おはら 何日なんにち かた そく あぜ もっこ はず つい 茶受ちゃう たい 午食ごしょく とう 木竹もくちく 無代むだい あぶ あた ひっ ねじ こう 愛相あいそう 親代おやがわ 口淋くちさび 日盛ひざか かた そと 足取あしど 日雇ひやと しお 外庭そとにわ 太過ふとす 堂々どうどう 西国さいごく ぱい わか