“かんしゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
観衆25.0%
慣習12.5%
汗臭12.5%
監輯12.5%
看衆12.5%
観修12.5%
驩州12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
早くも観衆かんしゅうは場外にあふれ、勇ましい軍楽隊の合奏がっそうが天地にひびわたりました。
国際射的大競技 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
ただ、いささか観衆かんしゅう好奇心こうきしんをみたしたのは、それが白衣びゃくえ白鞘しろさや太刀たちをさした六らしい風采ふうさいだけであった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
田植の日にお昼を田のへりで食べるという慣習かんしゅうの、昔からあったという証拠は、もうならべる必要もないほど多いのである。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
市場区ペタアはいま、あらゆる東洋的な土器と石器と竹器と、平和と柔順と汗臭かんしゅうとの楽しい交歓場よろこびのにわでしかありませんし、むかしの「奴隷島」では、馬来マライ人の家族とあふがん族の家庭が
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
一五九〇年の聖書は、ブルガータと呼ぶもので、これは法皇シキスト五世の監輯かんしゅうにかかるものであるが、法王自ら校正したにも不拘かかわらず、非常に誤植が多かった。
愛書癖 (新字新仮名) / 辰野隆(著)
また当人も滑稽と思わず、それを滑稽として見るべき看衆かんしゅうの何者もない時にも、挙動そのものが、滑稽になりきっていることもある。
大菩薩峠:28 Oceanの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ちょうどそこには解脱寺げだつじ観修かんしゅうというえらいぼうさんや、安倍晴明あべのせいめいという名高なだか陰陽師おんみょうじ
八幡太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
それから、監察御史かんさつぎょし起居舎人ききょしゃじん知制誥ちせいこうを経て、とんとん拍子に中書門下ちゅうしょもんか平章事へいしょうじになりましたが、ざんを受けてあぶなく殺される所をやっと助かって、驩州かんしゅうへ流される事になりました。
黄粱夢 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)