“義家”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よしいえ83.3%
よしいへ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
感心して、きかけたっこめてしまいました。そしてそれからはまったく義家になついて、一生そむきませんでした。
八幡太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
貞任連歌義家がそを追はずなりたりといふ事、宗任が梅の花の歌を詠みて公卿たちを驚かしたりといふ事、事実の有無は疑はしけれど、もしこの種類の事ありとせば
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
その後源氏第二代の源満仲などが藤原氏の股肱爪牙となることに依つて、漸くその勢力を扶植し、源頼義義家は前九年、後三年の両役に、陸奥守、鎮守府将軍として武勲を輝かすと共に
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)