二千六百年史抄にせんろっぴゃくねんししょう
今年の初、内閣情報部から発行してゐる「週報」から、最も簡単な日本歴史を書いてくれとの註文を受けた。多くの史学者に頼まず、僕を選んだのは、なるべく大衆に読ませようとの意図からであらう。 僕は、史学者でもない、歴史研究者でもない。しかし、歴史を …
作品に特徴的な語句
ひとこのかみ みこゝろ おそれおほ たゞしき ぢか やすし かゞやか たてまつ 彼地そのくに ひかり 大人ひじり くぼさ こは しゆつ もつ やまひ 稜威りようゐ つゝし 調みつぎ 容貌かほ をさ 中心もなか たづ をのゝ 身体むくろ むらじ あづか 神人かみ 端正きらきらし ことわり われ みやこつく のり くつがへ 海神わたつみのかみ すむ 掃除はらひのぞ たけ くつ あたか たが つかは 四周よもにめぐれり かたはら かは やとひ しも ひそか ところ つかさど ひとへ もとゐ すなは おも さふら うつくしび かみ あせ 吉川きつかは しづ 国替くにがへ つひや 天下あめのした 匕首ひしゆ さいはひ さふらふ 宿しゆく みそか 冠冕くわんべん 太上だじやう まさ やぶ つらな 判官はうぐわん 公卿くぎやう なん 斯様かやう 肇国てうこく にはか 東南たつみのすみ いだ 舟師しうし 渉猟せふれふ 不平みだれ じよ 大人うし あはれ 桎梏しつこく 恢弘ひろめのべ 道風だうふう 恐懼きようく