“妨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さまた80.7%
さまたげ15.5%
さま0.6%
さまたぐ0.6%
さまだ0.6%
たが0.6%
ふせ0.6%
サマタゲ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
腕も拔群ですが、何よりの特色はその輕捷な身體で、もう一つの特色は、げる者は殺さずんばまない、鬼畜の如き殘虐性でした。
ひと口に自由といえば我儘のように聞こゆれども、決してらず。自由とは、他人のをなさずして我が心のままに事を行うの義なり。
中津留別の書 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
僕は一本の巻煙草を呑み切ったでまた整理にかかった。今度は作のためにわれ一人の世界をたげられるなしに、書架の二段目を一気に片づけた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
昇進を願わば華族にるべし、またこれをる者なし。これに遠ざかるもこれにるも、果してその身に何の軽重を致すべきや。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
る者ゆゑ天下の條目成敗の道も少は心得つらんが中にも重きといふは婚姻げの罪科なり之をばく爲時は死罪の刑に處する可し又くなす其時は遠島と制規なるが其方之等を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
夫れ大人を立つる、必ず時に随ふ。も民に有らば、何ぞ聖造はむ。山林披払宮室経営りて、みて宝位に臨み、以て元元を鎮むべし。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
全力をあげて職務に勉励し、何等の根拠なきによく余の計画を看破し、保険会社をして四十五万フランの損害をぎ得たり。
凡隊中患難相救 困厄相護リ 義気 条理相糺 若クハ独断果激 儕輩ヲ成シ 若クハ儕輩相推シ テ他人ノヲ為ス 是ム 可キ所 テ ス勿レ
海援隊約規 (新字旧仮名) / 坂本竜馬(著)