“乱妨”の読み方と例文
読み方割合
らんぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陸羽の奥はまだ蝦夷地のままといってよい。乱妨、反乱、同族の闘いなど、絶えまもない。——顕家は二年の在任ですっかり戦陣の起居に馴れた。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こういうように巡査が出来る前は世の中は乱妨新徴組だとか、龍虎隊だとかいうのが乱妨をして、市中を荒らしたので、難儀の趣を訴えて、昼夜の見廻りが出来
江戸か東京か (新字新仮名) / 淡島寒月(著)
これ見馴れ聞き馴るるのあまり、その威をすを畏れてなり。近ごろ水兵などが、畏きりの御名を呼ばわりて人の頭を打ち、また売婬屋で乱妨などするを見しことあり。
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)