“涜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けが92.3%
けがれ3.1%
おか1.5%
1.5%
けがらは1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
フランセエズ座の名優某は匿名のに「カイアヹエ氏の十三日のの行為は神聖なるモリエエルの家(国立劇場)をしたものだ」
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
三四年よりは別居も同じ有様に暮し居候始末にて、私事一旦の身のく今はく相成、堅く心のを守り居りまゐらせ候。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
朱実は、あなたと初めて伊吹の下で会った時のように、もうれのない野の花ではありません。人間にされての女になってしまったつまらない女です。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
処女の神聖をがさん為めに準備せられた此の建物が、野獣の汚血れたのは、定めて浅念なことでせう——けるものの為めには医師を
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
人目あらずば引裂き棄つべき名刺よ、しと投返せば床の上に落ちぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)