火の柱ひのはしら
是れより先き、平民社の諸友切りに「火の柱」の出版を慫慂せらる、而して余は之に従ふこと能はざりし也、 三月の下旬、余が記名して毎日新聞に掲げたる「軍国時代の言論」の一篇、端なくも検事の起訴する所となり、 …
作品に特徴的な語句
御機嫌ごきげん 稍々やゝ 夜叉やしや 納得なつとく 一喝いつかつ 嫌疑けんぎ あと 旁々かたがた なみ 眉宇びう 物識ものしり 畢生ひつせい 人足ひとあし 飛白かすり 櫛巻くしまき 秩父ちゝぶ 忿怒ふんぬ 其時そのとき 枝折戸しをりど 耄碌まうろく 黴菌ばいきん 斡旋あつせん 律義りちぎ 後家ごけ 幔幕まんまく 戦争いくさ 沙漠さばく 編輯へんしふ 不束ふつつか 人非人にんぴにん 先途せんど 大喝だいかつ 満腔まんかう 失踪しつそう ふち 淋漓りんり さかひ 胡座あぐら 頓死とんし 重畳ちようでふ 八釜やかま 無沙汰ぶさた 白髪頭しらがあたま 一室ひとま 冬籠ふゆごも 頑是ぐわんぜ 頑張ぐわんば 屈托くつたく 毀誉褒貶きよはうへん 疳癪かんしやく ほだ みどり 脚気かつけ 島田髷しまだまげ 討死うちじに 端書はがき 御挨拶ごあいさつ 猿臂ゑんぴ 詮方せんかた 貴郎あなた 逆立さかだ 非業ひごふ 時刻とき 縷々るゝ 讒訴ざんそ 鼻唄はなうた 腕車くるま 凛々りゝ 小皺こじわ 空蝉うつせみ 酸鼻はなすゝ 齷齪あくせく 雨露うろ 早稲田わせだ 片頬かたほ くど 友誼いうぎ 暴戻ばうれい 此度このたび 御存ごぞんじ 人伝ひとづ 放逐はうちく かつら 真平まつぴら 金箔きんぱく 山姥やまうば 微醺びくん 苦痛くるしみ 現今いま 突如だしぬけ 遊蕩いうたう 半歳はんとし 束縛そくばく 瓦斯燈ガスとう 突嗟とつさ 素敵すてき 陶然たうぜん