火の柱ひのはしら
是れより先き、平民社の諸友切りに「火の柱」の出版を慫慂せらる、而して余は之に従ふこと能はざりし也、 三月の下旬、余が記名して毎日新聞に掲げたる「軍国時代の言論」の一篇、端なくも検事の起訴する所となり、同じき三十日を以て東京地方裁判所に公判開 …
作品に特徴的な語句
いで 退 マザア くへ さゝや おつかあ おやち あふい ゆか くるし たゝかつ せんの おは わらつ よツ ふと 宿 なくなり 彼女むかう いやだ よつ ちやん はら いら あふむ 老婆ばゝあ 尋常ひとかた いら すわ あく 退しりぞい おや むかつ 丈夫ひと あら どち あら よう かた され ひらか ぢか 老母ばゝ おほせ おやぢ 祖父おぢいさん いだい うみ かこつけ おや きつ わか 如何どうか 阿母おつかさん ばゝあ かはつ いゝ すゝん いふ いら どん 女性によせい まもつ ゆるし のん かう 一寸ちつと 衣服おめし 老母おば にわか うし あわ とこしな 正直ほんたう さひはひ 準備そなへ 温順やさし だて おつしや きはま ある のろつ はげ コップ いづれ ぷり よろ