“忍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しの66.5%
おし10.3%
しのぶ7.4%
しのび5.4%
にん3.9%
しぬ1.0%
シノ1.0%
0.5%
あら0.5%
こらえ0.5%
こらへ0.5%
しのん0.5%
0.5%
をし0.5%
オシ0.5%
ニン0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あはれ新婚げて、一年かならず、戰地つて出立つたには、んでかなかつたのも、嬉涙れたのであつた。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
石田三成の水攻めにあいながらも、よく堅守して居る城の成田氏長の様な勇将もあったが、小田原城の士気は全く沮喪して仕舞った。
小田原陣 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
」は上野谷中の高台である。「太郎稲荷」はむかし柳河藩主立花氏の下屋敷に在つて、文化のころから流行りはじめた。
里の今昔 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
「これは自慢にはなりませぬが、私血統より慶長年間、高阪甚内と申す賊、三甚内の一人として出での術もて横行いたしました」
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
苦しさえがたけれど、銭はなくなる道なお遠し、という修行、と云う観念はこの時の入用なりと、歯をってすすむに、やがて草鞋のそこ抜けぬ。
突貫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
旅人が馬を水城(貯水池の大きな堤)にめて、皆と別を惜しんだ時に、児島は、「ならばむをみと振りたき袖をびてあるかも」(巻六・九六五)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「聖賢の言を思い出すがよい。——小サキヲバザル時ハ大謀モ乱ル——とある。いまは守るを上計とするのだ。血気の勇をんではいけない」
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここにすなはちその海邊の波限に、鵜の羽を葺草にして、産殿を造りき。ここにその産殿、いまだ葺き合へねば、御腹のきにへざりければ、産殿に入りましき。
然れども待ちつる情をあらはしまをさずてはくてえじと思ひて、百取の机代物を持たしめて参出でたてまつりき。
枕物狂 (新字旧仮名) / 川田順(著)
ざれば約々しく腹立ことして家の内静ならず。悪しき事あらば折々言教て誤をべし。少のべからず、心の内にはには行規を堅くて怠らぬ様に使ふべし。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
取直し我が身ながらも未練繰言てもても助かり難き我が一命此上は又々嚴敷責苦んよりはそのこと平兵衞を殺せしとり白状して此世の責苦れん者とに心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
斯く御婦人に対して御無礼を働きまするも——幾度も拒絶されたる貴嬢に対して、耻辱をで御面会致すと言ふも
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
まあ、けときねえな。それを、お前、大先生に叱られたって、柔順に別れ話にした早瀬さんも感心だろう。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
新発田の寺崎某、山形の志村玄叔等で、其他猶津山、、庄内等の子弟があつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
はおそはく・うしはくの義の「壓す」から出たものでなく、また「」に通ずるなどで宛て字するおしとも違ふ樣だ。來臨する神と言ふ程の古語ではなからうか。
自ライナシ、としていた。彼は彼みずから
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)