突貫紀行とっかんきこう
身には疾あり、胸には愁あり、悪因縁は逐えども去らず、未来に楽しき到着点の認めらるるなく、目前に痛き刺激物あり、慾あれども銭なく、望みあれども縁遠し、よし突貫してこの逆境を出でむと決したり。五六枚の衣を売り、一行李の書を典し、我を愛する人二三 …
作品に特徴的な語句
うつつ へん くいしば ごん すぐ きょ くちそそ しょう かおり たっ やまい 丈夫じょうふ がめ いだ にん うる かっ わかれ はい くっ 一時ひととき せん にぎわ くるし におい 自己おの 口惜くちお 紅染べにぞめ ただ めず そめ ぼう ひね とら ばばあ れん よわい あざ とん ふう 頬冠ほおかぶ つら くら かん 長寿ちょうじゅ 里程みちのり はるか から 路傍ろぼう ただ 行燈あんどう 落胆らくたん くさ 腰折こしお 耶蘇やそ おい えん たち 突然とつぜん 穿うが いしぶみ こく 眺望ちょうぼう みな 登米とよま なま はなはだ ことわり うか 毛布ケット 本町ほんまち 払暁あけがた うれい いそが 待遇たいぐう かれ 引廻ひきま 幾度いくど すくな かたわら いと あお