“眺望”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ながめ48.1%
ちょうぼう44.3%
てうばう3.8%
みわたせ2.5%
てうぼう1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上から下げられてある桜の釣花の、紙細工の花弁が枝からもげて、時々舞台へ散ってくるのも、なかなか風情のある眺望であった。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
燦爛かなる扮装と見事なるとは、帳場より亭主を飛び出さして、しき辞儀の下より最も眺望に富みたるこの離座敷に通されぬ。
書記官 (新字新仮名) / 川上眉山(著)
小山と小山との間に一道の渓流、それを渡り終つて、猶其前に聳えて居る小さいを登つて行くと、段々四面眺望がひろくなつて
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
毛氈老樹にしきくゆらせつゝ眺望ば、引舟は浪にりてうごかざるが如く、る舟はふてたり。行雁字をならべ帰樵画をひらく。
眺望すると、一方吾等つて大洋で、水天髣髴としてらず、眼下おろす海岸には、乘捨てゝ端艇がゆらり/\とまれて、何時つてたか