“水天髣髴”の読み方と例文
読み方割合
すいてんほうふつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水天髣髴の間に毛筋ほどの長堤を横たえ、その上に、家五六軒だけしか対岸に見せない利根川の佐原の宿、干瓢を干すそのした色と、その晒した匂いとが
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
その、冴えきった一瞬には、水天髣髴の境、の山が、ありやなしやに見えている。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
紋太夫はと眼を据えて、水天髣髴遠方を喰い入るばかりに睨んでいたが