加利福尼亜の宝島カリフォルニアのたからじま(お伽冒険談)(おとぎぼうけんだん)
「小豆島紋太夫が捕らえられたそうな」 「いよいよ天運尽きたと見える」 「八幡船の後胤もこれでいよいよ根絶やしか。ちょっと惜しいような気もするな」 「住吉の浜で切られるそうな」 「末代までの語り草じゃ、これは是非とも見に行かずばなるまい」 「 …
作品に特徴的な語句
誘拐おびきだ みずから ため 容易やすやす つむ なだ ちっ 捕縛めしと 邂逅めぐりあい しみ 交際まじわり 以前まえかた あと たん いつ 宿 たか かたわ ぱな 彼方むこう がい 退しりぞ 造作つくり とう たば おい 泡沫しぶき おとな 容易やす むな 空虚からっぽ 家内なか など ばく 附近ちかく 親友なかよし おさ いきどお さま ひど 犠牲にえ 燧石いし 発見みつけ 帆柱ばしら はい ただ たい 以前まえ 伽噺とぎ におい 眼付めっ わし 倦怠だる 泉水いずみ がわ わき さん やなぐい まご なの 書物ほん つな 断崖がけ しっ きく うけたま 見出みい ざま 遠方おちかた 困難むずかし たむ 一所ひとところ 巌窟いわや きれ たいら ちんば たび いざな 御旨みむね 微光うすびかり 相伝あいつた おぼ 武士もののふ 死骸なきがら きたな 洞窟ほらあな まなこ 疲労つか 狡猾ずる