“附近”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふきん36.7%
あたり36.7%
まわり12.2%
ちかく8.2%
ほとり2.0%
まぢか2.0%
まはり2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、海蔵さんがいいました。そばにてみると、それはこの附近土地っている、とった地主であることがわかりました。
牛をつないだ椿の木 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
転がつた無頼漢は、埃のなかで蛙のやうに手足をばたばたさせながらいた。附近には同じやうな無気味のがぞろぞろつて来た。
そうなって来ると、その附近にいた信者達は、狂人のような眼つきをして、お駕籠を見ようとしましたが、並木や人の頭ですぐは見えません。
尼になった老婆 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
(角右衛門どもの注進で、五郎蔵が乾児を率い、襲って来るやも知れぬ。何を措いても身を隠さなければ! ……では附近の林へ!)
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
のきら/\と反射してるなどはれず、港内電燈煌々たる波止塲附近からずつと此方まで、金龍には、船艦幾百艘前檣白燈右舷緑燈
市街はづれの停車塲から客待馬車で、海岸附近旅亭き、部室まり晝餉もすむと最早がない、出港まではだ十時間以上
そして台所の附近をうろ/\捜し廻つてゐたが、お茶が入れてないのを見ると、急にかしい顔をして薬鑵の湯を台所一杯にぶちけて引き揚げて往つた。