“市街”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まち75.5%
しがい24.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
市街中程きな市場がある、兒童其處へ出かけて、山のやうに貨物であるにふんぞりつて人々立騒ぐのをて居る。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
日出雄や、あのふにえるえておいでかえ。』と住馴れし子ープルス市街東南ゆるすと、日出雄少年
みなさんはそこで、なつかしい市街をごらんになることでしょう。いろいろな飲食店もあり、生活に必要な品物をも売っている店もございます。
怪星ガン (新字新仮名) / 海野十三(著)
新聞社は特大の活字もて、このめずらしき冒険少年の記事をかかげた号外を発行した。ニュージーランドの市街は、少年連盟のために熱狂した。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)