少年連盟しょうねんれんめい
暴風雨 雲は海をあっし海は雲をける。ぼうぼうたる南太平洋の大海原に、もう月もなければ星もない。たけりくるう嵐にもまれて黒暗々たる波濤のなかを、さながら木の葉のごとくはしりゆく小船がある。時は三月の初旬、日本はまだ寒いが、南半球は九月のごとく …
作品に特徴的な語句
ぱく ぷく 出来しゅつたい がん 重々ちょうちょう 寂然じゃくぜん がかり だま てん かい はつ てん こう 船首せんしゅ こう ゆう しょう ちょう しつ じょう きょ ろう かん しょう はく とう 穏和おんわ あし がっ ぱく いきお かく くっ たい 上辺じょうへん 重傷じゅうしょう いと こん たん 中旬ちゅうじゅん こころざ ふつ ぼう たたか 微笑びしょう 巨濤おおなみ ぼう 毛布もうふ そら しょ たま 同胞どうほう 電光でんこう でん なん 面色めんしょく 気勢きせい 眼前がんぜん どく 効験こうけん 効力こうりょく 気質きしつ じゅく せん 樹叢じゅそう 前脚あえあし 苦笑くしょう 短銃たんじゅう こく けん 巨大きょだい 初旬しょじゅん 横腹よこはら ぬの 好奇こうき 遺物いぶつ 疲労ひろう ゆび 臥床がしょう 状態じょうたい 手段しゅだん 寝台しんだい 突出とっしゅつ 憤怒ふんど 断念だんねん 準備じゅんび 考案こうあん ちょう 満潮まんちょう 富豪ふごう 柔順じゅうじゅん 上手かみて 下旬げじゅん