“船首”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へさき50.0%
みよし25.0%
せんしゆ7.1%
おもて3.6%
せんしゅ3.6%
とも3.6%
バウ3.6%
プラウ3.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“船首”を含む作品のジャンル比率
文学 > その他の諸文学 > ギリシア文学40.0%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
芸術・美術 > 工芸 > 工芸7.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
とその時事件が起こった。どこからともなく一本の征矢そやが、ヒュ——ッと飛んで来たのである。舟の船首へさきへ突っ立った。
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ギーときしる音がして、船隊は船首へさきを西南に向けた。若殿のご座船を先頭にして神宮寺の方へ進んで行く。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
舟のへりを伝わると、あれ、船首みよしに紅い扱帯しごきが懸る、ふらふらと蹌踉よろけたんです……酷く酔っていましたわね。
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
昨夜根室を出た監視船の隼丸はやぶさまるは、泡立つ船首みよしにうねりを切って、滑るような好調を続けていた。
動かぬ鯨群 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
此時このとき右舷うげん當番たうばん水夫すゐふ木像もくざうごと船首せんしゆかたむかつたまゝ
船首せんしゆ船尾せんび右舷うげん左舷さげん閃々せん/\たる電燈でんとうかゞやでゝ
船長室にも無電室にもみつからないと、東屋氏は、船橋ブリッジを降りて後甲板の士官室へ飛込んだ。が、いない。直ぐ上の、食堂にも、人影はない。——もうこの上は、船首おもての船員室だけだ。
動かぬ鯨群 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
黒少年モコウはあわただしくさけんだ。それと同時に船首せんしゅのほうに立った仏国少年バクスターの口から、大きなさけびがおこった。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
船首ともの材には何を使うな?」
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
海面にこだまして汽笛が物憂げに鳴り響き、今や雨のごとくに降りしきるテープとハンカチの波の向うに、この時突然太子とシャアとの姿がボート甲板デッキいささか船首バウ寄りのこっちに現れたのであった。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
白鮫号の船首プラウは、緩やかな弧を描いて大きく右転しはじめる。
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
——で、私の考えとしましては、只今被仰ったローリングの作用には、原則として必ず中心となる軸、と云いますか、まあこの場合白鮫号の船首プラウ船尾スターンを結ぶ線、首尾線とか竜骨線とか云う奴ですね、とにかくその軸がある筈です。
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)