名人地獄めいじんじごく
消えた提灯、女の悲鳴 「……雪の夜半、雪の夜半……どうも上の句が出ないわい」 寮のあるじはつぶやいた。今、パッチリ好い石を置いて、ちょっと余裕が出来たのであった。 「まずゆっくりお考えなされ。そこで愚老は雪一見」 立ち上がったあるじは障子を …
作品に特徴的な語句
だんな まば けん 女郎こども かつ ぱず あき ぜい 引退のい こわ 主人ぬし あざむ 親父しんぷ わっち ぶせ 発見みつか おと あい 船首とも 根生ねば われ だめ 贋物いかさまもの こう あい しっか がしら 一刻しばらく 以前まえかた いさ かす 貴郎ひと はず ぴら ぴき ぎょう あせ ぞう とぼ ごしら うご かたわ ねげ おのれ 以前むかし しも 黄金かね かわ こた 陸地くがじ 関節つけね 関係かかりあ 扮装みなり 眼付めつ あし めえ こた 彼方あなた ぞく 在来ざいらい せい 紛失なくな 大略あらかた じょう 如露にょろ こう 警鐘けいしょう やま おい 寂然しん 岐道わかれみち おとな 厩舎うまごや 御宿おんじゅく 相撲ずもう 尾行 生物なまもの くみ わだかまり 虚弱よわい いや 闃寂げきじゃく ざま 癸未みずのとひつじ しん 小船はしけ なの あた