“岐道”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えだみち28.6%
そばみち28.6%
ふたみち14.3%
わかれみち14.3%
わきみち14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次に少しく岐道にそれるが、白簀雲の流れる上層の世界が何故このように気温の低いところであるかという理由を一言述べておく必要があろう。
(新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
かつしやい、孤家婦人といふは、な、これもにはかのがあつた、あの魔処らうといふ岐道れた往来で、百姓へて
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ぬしありながら岐道かけて、瀬十郎ぬしと浅からず、りし罪の報い来て、いける地獄に堕ちにけん、世に薄命なる女子はあれども、わが身に増るものあるべしやと、過来しかたを胸にのみ
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
つるが屋清吉の白壁に「桝形」と文字が刻まれてあるのは、分けても懐しい思い出といえよう。なお街道の岐道には、常夜燈といしぶみとが立っていた。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
これを鼬ごっこの疲労儲けと解して、岐道れた人は退屈と不安があるばかりで、生涯、人生の味は解し得られないのであります。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)