大菩薩峠だいぼさつとうげ29 年魚市の巻29 あいちのまき
年魚市は今の「愛知」の古名なり、本篇は頼朝、信長、秀吉を起せし尾張国より筆を起せしを以てこの名あり。今日の黄昏、宇治山田の米友が、一本の木柱をかついで田疇の間をうろついているのを見た人がある。 その木 …
作品に特徴的な語句
歯痒はがゆ 愚弄ぐろう 敵愾心てきがいしん 有頂天うちょうてん 面長おもなが 羽目はめ たこ 反身そりみ 立場たてば よし 一期いちご 遮二無二しゃにむに 畢生ひっせい 井桁いげた 人身御供ひとみごくう 馴々なれなれ 寵愛ちょうあい 戦争いくさ かけひ 膏薬こうやく 謀叛むほん 木樵きこり 般若はんにゃ 籠手こて 度胆どぎも 僭越せんえつ 木挽町こびきちょう 炯眼けいがん 途絶とだ さば 十重二十重とえはたえ 谷間たにあい 僧形そうぎょう 分限ぶげん 回向院えこういん ます 象嵌ぞうがん 冬籠ふゆごも 透間すきま 人魂ひとだま 鳶口とびぐち 威丈高いたけだか 渺茫びょうぼう 慴伏しょうふく 昏々こんこん 定紋じょうもん 賜物たまもの 田圃道たんぼみち 直垂ひたたれ 勿怪もっけ 椎茸しいたけ たね 杞憂きゆう 伝手つて 最寄もよ 毛唐けとう 賞翫しょうがん 処刑しおき 狩野かのう 高祖頭巾こそずきん 猥褻わいせつ しおり 図星ずぼし 垢抜あかぬ 峨々がが 崩折くずお 神仏かみほとけ しゃく 経綸けいりん 駈落かけおち 煙硝えんしょう 今時いまどき 諒解りょうかい 遊蕩ゆうとう かつお 遥々はるばる 先手さきて てすり 黙祷もくとう 小賢こざか 纏綿てんめん 曝露ばくろ 不知火しらぬい 伺候しこう 唐天竺からてんじく きび 無惨むざん 肩衣かたぎぬ 錫杖しゃくじょう 飄々ひょうひょう 卒塔婆そとば 火蓋ひぶた いかり 素姓すじょう 籠城ろうじょう 雑作ぞうさ 物怪もののけ ゆず 病葉わくらば
題名が同じ作品
大菩薩峠:01 甲源一刀流の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:02 鈴鹿山の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:03 壬生と島原の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:04 三輪の神杉の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:07 東海道の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:08 白根山の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:09 女子と小人の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:11 駒井能登守の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:12 伯耆の安綱の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:15 慢心和尚の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:16 道庵と鯔八の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:20 禹門三級の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:28 Oceanの巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:30 畜生谷の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:35 胆吹の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名)中里介山 (著)