“臭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にお29.8%
くさ29.3%
におい17.3%
にほひ6.4%
くせ5.3%
にほ5.1%
2.1%
かざ1.3%
くそ1.1%
しゅう0.8%
いき0.3%
かおり0.3%
くさみ0.3%
ぐさ0.3%
カマリコ0.3%
ニホヒ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等はその何処からでも、陸にある「自家」の匂いをかぎ取ろうとした。乳臭い子供の匂いや、妻のムッとくる膚のいを探がした。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
そんなに不快なほどにくはないが、ややもすれば船よいを感じさせる機械の油の匂いを連想させるような微かな臭味が鼻を打った。
一種、眼のみそうなが室内にって、周蔵は起上って坐っていたが、私の入って来ると同時にまたごろりところんでしまった。
黄色い晩 (新字新仮名) / 小川未明(著)
それよりも彼がそれ程に苦心をした飯は、何か用具について居たのか、彼の手にあつたのか、とにかく石油のが沁み込んで居た。
そんでまたでもでもつたてからつてるもんだからえことがにやなんねえや、作物ばかしんだとつたら
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
北海道に來てから感じた——而もそれが渠の刹那々々の生命に吸收されてゐたと思ふ——新しいひと色とを思ひ浮べる。
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
この三本の松の下に、この灯籠をめて、この草のいで、そうして御倉さんの長唄を遠くから聞くのが、当時の日課であった。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
此凄まじい日に照付られて、一滴水も飲まなければ、咽喉えるを手段なくさえ死人腐付いて此方の体も壊出しそう。
「拙が腕をニューと出している所へ古褌けやした——随分うげしたよ——……」
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
持つ足の千々岩は、今さら抗議するわけにも行かず、倒れてもつかむ馬糞をいとわで、おめおめと練兵行軍の事に従いしが、この打撃はいたく千々岩を刺激して
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
糸七は聞くより思わずいた。あの青大将が、横笛を、を浴びても頬が腐る、黒い舌に——この帯を、背負揚を、襟を、島田を、張襦袢を、肌を。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その時は熊の胆の色が少しを含んで、咽喉を出る時がぷんと鼻をいたので、余は胸を抑えながら自分で血だ血だと云った。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
蒲團いた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
のびをして、ものそうに椅子から立ちあがった。
キャラコさん:01 社交室 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
田打櫻でも、蕗臺でも、彼處田畔ガラ見れバ花見だデバせ。弘前公園地觀櫻會だけヤエにお白粉アポツポドするエンタ物でネ。フン! 二十六タテ何ア目ぐせバ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
幽顕 一重の蝉のへず。人のもたぬ吾まなこには
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)