田園の憂欝でんえんのゆううつ或は病める薔薇あるいはやめるそうび
I dwelt alone In a world of moan, And my soul was a stagnant tide, Edgar Allan Poe 私は、呻吟の世界で ひとりで住んで居た。 私の霊は澱み腐れた潮であつた。 …
作品に特徴的な語句
ぐるは あざむ いつくし かをり うづくま うづく かは 刺繍ししゆう かう にぎ すり 蒼穹さうきゆう やはら つま まつは ペエヂ かへりみ 小休をや くつがへ なんぢ のろひ おのづか ぢつ 眩暈めくるめ おびや はづ にはか いたづら にび 気難きむづ なり したた 狼狽らうばい めぐら をは 威嚇ゐかく うゑ 明瞭めいれう ちぎ むしく さいな つらな 執拗しつえう 執念しふねん たのしみ うづくま にほひ 抱擁はうよう ゆるし をど かへ くれなゐ 甲斐がひ ただ わづか あらは 恍惚くわうこつ 彷徨はうくわう ひろ 寒詣かんまゐ あぜ 祈祷きたう 蠢動しゆんどう 真角まつかく 瞭然はつきり ごふ 囈言うはこと しな がら 優雅いうが いたづ 躊躇ちうちよ 敏捷びんせふ なほ 彼処あそこ いきどほ よろひ さら さかづき くう けは こは 激昂げきかう あざやか たた 無上むしやう かがや 豊饒ほうぜう こは 白樫しろかし いた ゆが