“蹂躙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じゅうりん77.5%
じうりん10.4%
ふみにじ9.9%
にじ1.1%
じふりん0.5%
ふみつけ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔は土足をもって蹂躙したるキリシタンの十字架も、今はキリスト教としてそのもとに拝跪するものさえあるに至れり。試みに思え。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
強者は道徳を蹂躙するであらう。弱者は又道徳に愛撫されるであらう。道徳の迫害を受けるものは常に強弱の中間者である。
侏儒の言葉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
見よ、心なき消火夫か泥草鞋もて蹂躙りつゝ行く方三尺の淡彩図を。嗚呼、是れシラギントワイトの『西蔵探険記』の挿図に非ず哉。
對う河岸は宗右衞門町で、何をする家か、灯がゆら/\と動いて、それが、螢を踏み蹂躙つた時のやうに、キラ/\と河水に映つた。初秋の夜風は冷々として、河には漣が立つてゐた。
鱧の皮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
蹂躙して、で化學者が藥品を分析するか、動物學者が蟲けらでもくるやうな眞似をするのですから。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
お政だけは笑ひもせず物も言はなかつた。私は小児心にも、何だか自分の威厳を蹂躙られる様な気がして、不快で不快でらなかつた。
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)