侏儒の言葉しゅじゅのことば
星 太陽の下に新しきことなしとは古人の道破した言葉である。しかし新しいことのないのは独り太陽の下ばかりではない。 天文学者の説によれば、ヘラクレス星群を発した光は我我の地球へ達するのに三万六千年を要するさうである。が、ヘラクレス星群と雖も、 …
作品に特徴的な語句
珈琲コオヒー やぶさ くわい しりぞ そぞ ことごとく べう かつて いはん こん ひきがへる いひ 障碍しやうがい いひ あた 創痍さうい かぢ 奢侈しやし 希臘ギリシア 成道じやうどう そよ いまだ 正覚しやうがく 滔々たうたう つひ 痛痒つうやう ただ 筋斗きんと たくは 鹹水かんすゐ 一籌いつちう 一缶ひとくわん 乳糜にゆうび たふ かへ 咄嗟とつさ 喇叭らつぱ 団扇うちは 埒外らちぐわい みだり 婉曲ゑんきよく 寸毫すんがう もつと 希臘ギリシヤ 忸怩ぢくぢ 怯懦けふだ かか 所以ゆゑん なげう ふる 桃李たうり 樗牛ちよぎう 欣幸きんかう 滅多めつた ひそ 火裏くわり 熊掌いうしやう をひ 畢竟ひつきやう 管鮑くわんぱう 緋縅ひをどし 緑青ろくしやう いやし 草鞋わらぢ 荊蕀けいきよく 菽麦しゆくばく 落款らくくわん かうむ 蝟集ゐしふ 諧謔かいぎやく 豪奢がうしや 跋渉ばつせふ 蹂躙じうりん しつ 車匿しやのく 迂濶うくわつ 鍬形くはがた 雀羅じやくら いへど 驕慢けうまん 髣髴はうふつ かなへ 乃至ないし なが また とりこ 倭寇わこう 偏頗へんぱ 健気けなげ なら
題名が同じ作品
侏儒の言葉 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)