“寸毫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すんごう73.7%
すんがう23.7%
すこし1.7%
スンゴウ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
戦場は天地を一宇の堂とした大きな修行の床ともいえる。月に白い謙信のには、寸毫といえども、敗けたという色は見えなかった。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
義雄の態度は寸毫假借しないと云ふ勢ひだ。そして、忿怒の爲めに、相手を見つめる目が燃えて來た。昇は然し左ほど熱しない。
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
病氣ずるにはもなかつた。當時には卯平不平をいはれやうといふやうな懸念寸毫らなかつたのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
防禦陣地ノ部署ハ寸毫変化アルベカラズ、リニ動クモノハ厳罰ニ処ス!
日本名婦伝:谷干城夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)