“寸々”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ずたずた46.7%
すんずん33.3%
すん/″\6.7%
ずた/\6.7%
ずん/″\6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あやの幕ぞと見る程に、八重に往来ゆきかう人影に、たちまち寸々ずたずたと引分けられ、さらさらと風に連れて、鈴を入れた幾千の輝くまりとなって
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と言って神尾主膳は、鐚の油断している手から大事の短冊をもぎ取って、寸々ずたずたに引裂いて火鉢の中へくべてしまい、
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
頭おのおの一槽に入れて呑み酔うてねぶりけるを、尊はかせる十握とつかつるぎをぬきて寸々ずたずたに切りつ。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
寸々ずたずたに裂けたる鼠の法衣ころもを結び合せ、つなぎ懸けて、辛うじてこれをまとえり。
妖僧記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
寸々ずたずたに引き切っても、首はなお残りて腹に入りついに人を殺す(とはよくよく尻穴に執心深い奴で、水に棲むてふことわりがないばかり、黒井将軍がしらされたトウシ蛇たる事疑いを容れず)。
衰えは春野焼く火と小さき胸をかして、うれいは衣に堪えぬ玉骨ぎょっこつ寸々すんずんに削る。
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
木間に入りては裂き、花壇をめぐりては裂き、留りては裂き、行きては裂き、裂きて裂きて寸々すんずんしけるを、又引捩ひきねぢりては歩み、歩みては引捩りしが、はや行くもくるし
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
初めは呻吟しんぎん、中頃は叫喚きょうかん、終りは吟声ぎんせいとなり放歌となり都々逸どどいつ端唄はうた謡曲仮声こわいろ片々へんぺん寸々すんずん又継又続倏忽しゅっこつ変化みずから測る能はず。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
書いた所は寸々すんずんに引き裂いて屑籠くずかごへ投げ込んだ。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
終日しゅうじつかぜおとと、あめおとと、まれにとりこえしかしなかった平原へいげんが、たちまちのあいだに、くさこそぎにされて、寸々すんずんにちぎられ、そらばされるような大事件だいじけんがりました。
戦友 (新字新仮名) / 小川未明(著)
うたがうて立戻たちもどり、わし所行しょぎゃううかゝひなどいたさうなら、てん照覽せうらんあれ、おのれが四たい寸々すん/″\切裂きりさき、くことをらぬこのはかこやすべくらさうぞよ。
——ステツキるやいなや、畜生ちくしやうつて、まど飛下とびおりると、うだらう、たゝきもひしぎもしないうちに、へびが、ぱツと寸々ずた/\れてとをあまりにけて、蜿々うね/\つてうごめいた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
片方かたはううであたましたいてよこになりましたが、それでも寸々ずん/″\びてつて
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)