“切裂”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きりさ50.0%
霧さ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“切裂”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 戯曲33.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
うたがうて立戻たちもどり、わし所行しょぎゃううかゝひなどいたさうなら、てん照覽せうらんあれ、おのれが四たい寸々すん/″\切裂きりさき、くことをらぬこのはかこやすべくらさうぞよ。
おゝ、御坊ごばう、をしへてくだされ、この肉體にくたいのあたりに、わし醜穢けがらはしい宿やどってゐるぞ? さ、をしへてくだされ、そのにく居所ゐどころ切裂霧さいてくれう。