“切々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せつせつ39.4%
きれぎれ24.2%
きれ/″\12.1%
せつ/\9.1%
せっせ6.1%
せっせっ3.0%
せッせッ3.0%
セツセツ3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正成のむねには、左近と松尾刑部が呼び返しに行った正季の返答如何が、切々案じられてはいたが——しばしは眼のまえの卯木に、自分を貸していた。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それと同時にここに日の光をって昼もなお暗い大木が切々に一ツ一ツ蛭になってしまうのに相違ないと、いや、全くの事で。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
同時此処つてもなほ大木切々に一ツ一ツになつてうのに相違ないと、いや、くので。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
かう考へて、寢雪の切々と降りしきる音を聽きながら、義雄はぼんやりと横になつてゐる。午後十一時の時計を數へた。
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
あ、たッ、何でい、わーい、という声が譟然と入違って、友達は皆道草を喰っている中を、私一人は駈脱けるようにして側視もせずに切々と帰って来る。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
さになって切々雑巾掛けをしていた。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
部屋で机の前で今日の新聞を一寸読む。大抵続物だけだ。それから編棒と毛糸の球を持出して、暫くは黙って切々と編物をしている。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)