高野聖こうやひじり
「参謀本部編纂の地図をまた繰開いて見るでもなかろう、と思ったけれども、余りの道じゃから、手を触るさえ暑くるしい、旅の法衣の袖をかかげて、表紙を附けた折本になってるのを引張り出した。 飛騨から信州へ越える深山の間道で、ちょうど立休らおうという …
作品に特徴的な語句
のぼり かぶさ きっ なお こい きたの じょう はてし 母様おふくろ あおみ かわり じょう 白痴あほう よわり おり いた 気遣きづこ こたえ かわ くっ あぶの なんに やっ 打棄うっちゃり おろ 貴人あでびと 左右とこう ことわり ゆらめ あったか そら かたえ かわり ゆびさし だき ちご しずま 温気ぬくみ つッ さが めん ぢち うむ 退すさ あかり おつ もつ とおり 周囲ぐるり 小止おやみ へッつい とど しも 粗忽そそ あたら 正午しょうご おあし 治療りょうじ おら たすか ぱく おそれ 取合とりあわ かぶり かたわ きもの づれ 追着おいつ あが おっ かわり 風采ふう 活溌かっばつ まつわ きれ おく 此家こちら わざ ひろ つぶ うわばみ はじ あぎと やわらか おそろ たすけ こうべ 恐怖こわ あまり むき こう
題名が同じ作品
高野聖 (新字旧仮名)泉鏡太郎 泉鏡花 (著)