“気遣”のいろいろな読み方と例文
旧字:氣遣
読み方割合
きづか65.4%
きづかい20.1%
きづけ4.2%
きづけえ2.8%
きづかひ2.3%
きづかわ1.4%
きつか0.9%
きづこ0.9%
きづかは0.5%
きづかはし0.5%
きづ0.5%
きづかえ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ましてぽん引きの長蔵さんなどに対して、神聖なる羞恥の血色を見せるなんてもったいない事は、夢にもやる気遣いはありゃしない。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「もう少し訊いて下さい、沢屋の三郎兵衛は二た時も前に、虫のように殺されているんだ。あわてたところで、生き返る気遣はない」
百両なんてえ金を持ってる気遣えはねえ、彼様な奴が盗賊だかんだか知れやアしない、此様な大きな石を入れて置きやアがって
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
伊「己もまさか惚れる気遣は有るめえと思うが、これッ切り来られねえもんだから、ツイちん/\を起して、無理な事を云ったのよ」
まあ、ね、病院も上等へ入れて手宛は十分にしてあるのだから、決して気遣は無いやうなものだけれど、何しろ大怪我だからね。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
我家の方角なれば、気遣しとてわれを負ひながら急ぎ帰りしが、我が住む横町へ曲らんとする瞬間、思ひがけなくも猛烈なる火は我家を焼きつつありと見るや母は足すくみて一歩も動かず。
わが幼時の美感 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
ホテル電車突切はM、H夫人しながらいてゐたが、彼女自動車にでもかれはしないかと気遣つて、どうかするとつたりして
微笑の渦 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
(百姓は、好きですること。必ず気遣うてくれるな)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
貫一は蹈留りて海に向ひて泣けり。宮はこの時始めて彼に寄添ひて、気遣しげにその顔を差覗きぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
遊覧せんとありしには似で、貴婦人の目をれども何処を眺むるにもあらず、き勝に物思はしき風情なるを、静緒は怪くも気遣くて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
いまから中学へはいられるか気遣かっています。
賤「気遣がないったって、お内儀が迎いに来たのだから嬉しそうな顔付をしてさ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)