文七元結ぶんしちもとゆい
さてお短いもので、文七元結の由来という、ちとお古い処のお話を申上げますが、只今と徳川家時分とは余程様子の違いました事で、昔は遊び人というものがございましたが、只遊んで暮して居ります。よく遊んで喰って往かれたものでございます。何うして遊んでて …
作品に特徴的な語句
めん 女房やつ むか おめ かゝえ っかあ やめえ 何処どっか しな つわ よっ 悉皆すっか 何処どけ ずて わっち てえ やかま てめえ とら おろ わり 引掛ひっかゝ そなえ じき おろそか ちゃん 大店おおとこ 何処どっ ゆき とけ くれ 後悔こうけえ ねげ 世帯じょてえ ちっ 間違まちげえ わき くれえ いず 便所ちょうずば わけ はたれ おら どこ いしころ つゝみ 献酬さかずき 女郎じょうろ ふざ あれ よこ 他家わき 退さが 当家うち 手障てざわり たし 打附ぶっつ 賭博いたずら 何方どなた たく かりそめ ほどこし 出所でどこ めえ 百両ひゃくりょう かめ 取返とりけえ あわ 向後きょうご かゝ っか 気遣きづけえ 向後きょうこう うしろ いや なり 明日みょうにち 昨夜さくや くれ きわ さん 次第しでえ 此方こっち かゝあ そね 気遣きづけ ちげ しっか 道楽ばか みん わし 百両いっぽん