真景累ヶ淵しんけいかさねがふち
今日より怪談のお話を申上げまするが、怪談ばなしと申すは近来大きに廃りまして、余り寄席で致す者もございません、と申すものは、幽霊と云うものは無い、全く神経病だと云うことになりましたから、怪談は開化先生方 …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 修羅しゅら 御家人ごけにん 反身そりみ 幾個いくつ 狐狸こり 日数ひかず あん 物識ものしり 懸想けそう えくぼ 布子どてら 耄碌もうろく 掻巻かいまき 膏薬こうやく 吾妻橋あづまばし 捗取はかど やり 反物たんもの 胡乱うろん 牡丹餅ぼたもち 半纒はんてん 友禅ゆうぜん 大胡坐おおあぐら 筑波つくば 成行なりゆき さて 胡座あぐら 襟首えりくび 谷間たにあい らち 海苔のり 八釜やかま 路次ろじ 稀代きたい 致方いたしかた 鶏卵たまご 堅気かたき 疳癪かんしゃく 脂下やにさが 半年はんねん 大尽だいじん しきみ むし にしん ざん 硯箱すゞりばこ 生捕いけど 詮方しかた 仲人なこうど 茅葺かやぶき 二間ふたま 厨子ずし 一図いちず 狼藉者ろうぜきもの たね 剃髪ていはつ 両人ふたり 共謀ぐる 根太ねだ 猶更なおさら 人品じんぴん 尾籠びろう くど 友誼よしみ 内所ないしょ 小用こよう 本望ほんもう 此度こんど 申訳もうしわけ 万更まんざら 因業いんごう 枕辺まくらべ 神仏かみほとけ 結縁けちえん 苦患くげん 駈落かけおち 真平まっぴら 薬鑵やかん 見計みはから 七歳なゝつ 彼是かれこ 折柄おりがら 面当つらあて おん 木霊こだま 膳立ぜんだて 夜着よぎ 爪立つまだ 尚更なおさら 書付かきつけ 桐油とうゆ 渋団扇しぶうちわ 金目かねめ 有様ありさま 草鞋穿わらじばき 表向おもてむき