真景累ヶ淵しんけいかさねがふち
今日より怪談のお話を申上げまするが、怪談ばなしと申すは近来大きに廃りまして、余り寄席で致す者もございません、と申すものは、幽霊と云うものは無い、全く神経病だと云うことになりましたから、怪談は開化先生方はお嫌いなさる事でございます。それ故に久 …
作品に特徴的な語句
わぬし ゆこ とッつ つけえ 彼方そっち つか てまい ぷて おめえ よろし えゝ 女子おんなこ 良人おつれあい たべ ほっ きゃ ぴい ちば かじ せえ てまえ てえ すじ あわ つめと 此方こゝ べり 一時ひとっきり 饒舌ちゃべ おら いゝ 仕舞しまお ともら えら きゝ いゝ ぶた よい 湿しけ まじねえ 頬冠ほっかぶり うずも ほご 女子あまっこ こえ まじね 此処こか あんに 母様はゝさま ぐれ えゝ いゝ なえ ふだん ゆっく いや 憫然かわえそう 女房かゝあ くれ 気遣きづかえ やめ さか 往来おうれえ 美女よいおんな ひく なけ がと つくな やど 挙動まね なげ かゝえ 事実たね ふる しれ ゆさ ぐれえ よう でけ いき やめ くび ふり とっく おめ はい 戯言たわこと がゝ