“袖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そで98.3%
たもと0.8%
0.2%
ころもで0.2%
つれ0.2%
ソデ0.2%
ソーデ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
歌が終わってが下へおろされると、待ち受けたようににぎわしく起こる楽音に舞い手のが染まって常よりもまた光る君と見えた。
源氏物語:07 紅葉賀 (新字新仮名) / 紫式部(著)
ひせまつて梅川は、をだいてよろ/\よろ、へよろめいて、はつとみとまつて、をあげたがかちりとつたのです。
桜さく島:見知らぬ世界 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)
それをどうかちょいと拭いてくれないかと言うと、ようございますと言ってじきに取り上げて、自分の鼻汁を拭いた長いの先で茶碗を拭き取るのです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
ひさかたの雨には着ぬを怪しくもわがは干るときなきか (巻七、譬喩歌)
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
あまりといえばない奥様のなされかた、——よし不義のそもそもから旦那様の御耳に入れて、御気毒ながらせめてもの気晴に、奥様の計略の裏を掻いてくれんと、私は女の本性を顕したのです。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
伊豆相模ノ境目ニアル城ナドニモ、何カト訊ネシ給ヒ、由井磯浪ヌレテ、ココニ興津ノ白浪ヤ、田子ノ浦浜、三保ヶ崎、三保ノ松原羽衣ノ名所名所ニ御心ヲツケラレ、江尻ノ南、久能ノ城
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
も、百合花盛リーイ、きすゅるのしおらしや……」
骨仏 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)