“袖褄”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そでつま80.0%
そでづま20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“袖褄”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
蜘蛛くもごと袖褄そでつまいてたのを、やなぎかぜけつながしつ
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
で、親族しんぞくをとこどもが、いどむ、なぶる、威丈高ゐたけだかつて袖褄そでつまく、遣瀬やるせなさに、くよ/\浮世うきよ柳隱やなぎがくれに、みづながれをるのだ、とふ。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ちょろちょろと燃えてる、かまど薪木たきぎ、その火だがね、何だか身を投げたひとをあぶって暖めているような気がして、消えぎえにそこへ、袖褄そでづまもつれて倒れた
縷紅新草 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)