縷紅新草るこうしんそう
あれあれ見たか、 あれ見たか。 二つ蜻蛉が草の葉に、 かやつり草に宿をかり、 人目しのぶと思えども、 羽はうすものかくされぬ、 すきや明石に緋ぢりめん、 肌のしろさも浅ましや、 白い絹地の赤蜻蛉。 雪にもみじとあざむけど、 世間稲妻、目が光 …
作品に特徴的な語句
てやい ざい 一時ひところ 一時ひといき しょく 動揺いぶり たけなわ でけ そっ 斑々むらむら 可恐おっかね 真向まむかい かたち しなやか おでこ かわ いわ よし ぶん えど じき 入交いりま そばだつ うま かが くら じじ さん 読者おかた べり とこ さだま ひそか ちいさ なまめか すばや なり おも 寂然しん いち ほっそ うる 口誦くしょう 勿体もってい 泥塗だみ めえ すき じっ さかり っか 先頭さきて 目前めのまえ もと とも しる たた やわらか 参詣おまいり 垂々だらだら つち 記憶おぼえ あらた たくまし 一枚ひとつ 引被ひきかぶ 一種ひといろ こまや あが あかり 当寺おてら つい 嬰児あかんぼ 可恐こわ とお 亡霊もうれい ゆら なまめ はた ぢか おぶ 白光びゃっこう はば わき くわ 聳立そびえた えり やすみ