“一種”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いつしゆ68.4%
いっしゅ15.8%
ひといろ10.5%
ひとくさ5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども其の埒外することの出來ないのが運命なのだから爲方がない、性格悲劇といふ戯曲一種があるが、僕等が丁度其だ。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
わたしはこの美しい婦人の前では一種のおそれを感じたけれども、貴婦人はひじょうに親切に話しかけてくれたし、その声はいかにもしかったから
それに、めるやうな友染縮緬が、ものをいたなりで、一種つてたんです。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
されど酒は只だ一種ならではへ侍らずと笑ひつゝ答ふ。