“友染”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆうぜん69.2%
いうぜん28.2%
いうせん2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ら、雪のような白足袋で、脱ぎ棄てた雪駄引寄せた時、友染は一層はらはらと、模様の花がに立って、ぱッと留南奇がする。
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
友染に、白羽二重をかさねて、つた、衣絵さんが手縫服紗袋んで、つた、小鍋である。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)