“紅入友染”の読み方と例文
読み方割合
べにいりゆうぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その野分に、衣紋が崩れて、が乱れた。旦那の頭は下掻の褄を裂いたに、紅入友染の、膝の長襦袢にのめずって、靴足袋をぬいと二ツ、仕切を空へ突出したと思え。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その六畳の、成りたけ暗そうな壁の処へ、紅入友染の薄いお太鼓を押着けて、小さくなったが、顔のい、眉の判然した、ふっくり結綿角絞りで、柄も中形も大きいが
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
対合った居附の店の電燈瓦斯晃々とした中に、小僧のや、帳場の主人、火鉢の前の女房などが、絵草子の裏、硝子の中、中でも鮮麗なのは、軒に飾った紅入友染の影に、くっきりとれる。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)