“入染”の読み方と例文
読み方割合
にじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
涙含んだような顔をして、それを脊負って行く順吉のいじらしい後姿を見送っているお島の目には、涙が入染んで来た。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
薄紫色に大体は癒着しているように見えながら、探りを入れたら、深く入りそうに思える穴もあって、そこから淋巴液のようなものが入染んでいた。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
あの時分の若い痴呆な恋が、いつの間にか、水にされて行く紅の色か何ぞのように薄く入染んでいるきりであった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)