“涙含”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なみだぐ95.7%
ナミダグ4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
怒鳴られたので僕は喫驚して泣きながら父の顔を見てると、父もくは黙ってと僕の顔を見て居ましたが、急に涙含んで
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
圭一郎は暫時考へた揚句、涙含んでたじろぐ千登世を叱咜して、今は物憂く未練のない煎餅屋の二階を棄て去つたのである。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
山背の綴喜の宮に ものす。わがの君は、涙含ましも——紀、わが兄を見れば——
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)