運命論者うんめいろんしゃ
秋の中過、冬近くなると何れの海浜を問ず、大方は淋れて来る、鎌倉も其通りで、自分のように年中住んで居る者の外は、浜へ出て見ても、里の子、浦の子、地曳網の男、或は浜づたいに往通う行商を見るばかり、都人士らしい者の姿を見るのは稀なのである。 或日 …
作品に特徴的な語句
退ひい はたし やっ えんづ ことに とが すわっ あわ ちが まっ おそう うみ やお ひま やむ よろ たっ のむ 執着しゅうねく たかま 饒舌しゃべる たち うれう とめ おり 父上おとうさま たた うっ 唯々ただ いたま きっ しい もてあ あげ した 不可いけま みず しかる いたま すん こう 暴露しめ 髣髴ほのめ きい 苦悩くるしさ 如何どん ひま とっ とどま よっ 可怕こわく すくお 僧侶ぼうず きき なく 一端いっぺん つい くるしみ しむ 粛然ひっそり うか しん かえ たっ 佇立つった かなし うけ ぬく むし しか ひやや いれ ひとつ かん すこし ちいさ たっ 行商あきんど わらい 所天つれあい たち あきらか 暗黒くらき 全然まるきり 不幸ふしあわ みち ただち 物狂ものぐるお やさし なか 一切いっせつ いず