“沁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
95.5%
しみ1.7%
1.4%
しん0.6%
にじ0.6%
しむ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女はあの賑やかな家や朋輩たちの顔を思い出すと、遠い他国へ流れて来た彼女自身の便りなさが、一層心にみるような気がした。
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
そして、それと対照的に、ついさっき塗られたばかりらしいルージュの深紅と血潮とが、ぼーっと明るむたびに、火のように眼にるのだ。
鱗粉 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
みと父の話を聞いてみると、やはり父には父の言分があるので、真向から反対はできないと云ふ気もしたのではあるが、一人になると
鳥羽家の子供 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
友と若き主人とは少し送らばやとてより追ひ來りぬ。美しく晴れたる日にて、路傍の草の露の繁き、思はず人をして秋の氣の胸にするごとくなるを覺えしむ。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
こういった康雄の額には、汗がんで居た。刑事は暫らく考えて居たが、すぐには返答しかねる様子であった。
好色破邪顕正 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
或日自分は何時のように滑川まで散歩して、さて砂山に登ると、の外、北風が身にので其処ら日あたりのい所、身体して楽にの読めそうな所と四辺見廻わしたが
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)